中国産ハチミツが多い理由

中国産ハチミツが多い理由

日本のスーパーやドラッグストアを覗いてみると、中国産のハチミツが多く出回っていて、日本産はほとんど見かけることがありません。

これは、蜂蜜に限りませんが、日本国内で生産すると、どうしてもコストが高くついてしまうためです。中国などで大量生産し、安く輸入している企業が多いです。

ただ、残念なことに、中国産食品の安全性が疑問視されているのは周知の事実です。実際に、はちみつにおいても、過去に抗生物質クロラムフェニコールが中国産はちみつから検出されたことがありました。

検閲でそのような製品が出回らないように対応はされていますが、中国産の蜂蜜から危険物質が検出されたという事実は覆りません。消費者にとっては不安を感じてしまう出来事ですが、コスト面から、中国産はちみつを無視できないのもまた事実です。

西澤養蜂場 蜂兵衛館 では、日本国内に養蜂場をもち、人の手で丁寧にハチミツを採取しています。

多少値は張りますが、身体のことを考えると、おいしい、安心、安全な国産蜂蜜を食したいですね。

はちみつガーデン 西澤養蜂場

タグ